身長に対して体重が多すぎる状態が肥満です。肥満体型は身体への負荷が大きく、心疾患などのリスクが上がります。標準体重よりも多く、肥満気味の人は病気のリスクが高くなっているので、注意が必要です。体重の管理をしなければならないと分かっていても、食べるのをやめられないという人も少なくありません。食べることが好きで、空腹でいると精神的にきついという人もして、肥満の人の痩身への取り組みは大変です。肥満解消のために取り組むべきことは、日々の食事内容を把握することです。大事なことは、食事内容を変えようとする前に、現状を正しく確認してみるということです。一週間のトータルで食事の量をチェックしてみると、炭水化物が多すぎたり、野菜の量が不足していたりと、自分の食事のどこに問題があるかが確認できます。いまの食事の内容を振り返ることで、何が問題になっているのかが分かれば、改善すべき点が見えてきます。炭水化物ばかりではなく、たんぱく質の多い食事内容に変るなど、栄養バランスに気を配ることが重要です。献立を決める時に、明確な指針が自分の中で見つけられない時は、カロリーの少ないものを選ぶ習慣をつけるようにしましょう。日々の献立を改めて考え直すことで、どんな食事が自分の体にいいかがわかります。食事の見直しを続けることで体重が減り、肥満体型が解消されれば達成感につながりますので、一層食事改善を続ける意欲が出てきます。
すっぽん酵素の体験談